2022-11

スポンサーリンク
三セク

【由利高原鉄道】輸送密度300人/日未満でも鉄道が運営できるワケ

由利高原鉄道は輸送密度300人/日未満の閑散とした赤字ローカル線です。由利本荘市が取り組む支援や取り組みについて紹介します。
JR

【JR東日本】北上線の”広告戦略”は効果が期待できない

JR北上線は、沿線の少子化・過疎化、モータリゼーション化などの影響で利用者は減少傾向にあります。沿線自治体の利用促進に関する取り組みをお伝えします。
JR

【JR東日本】花輪線を存続させる方法-自治体のさらなる支援は得られるか?

JR花輪線は一部区間で利用者が大幅に激減し、存廃が議論されています。自治体の取り組みを中心に鉄道の存続・廃止を考えます。
三セク

【IGRいわて銀河鉄道】IGRいわて銀河鉄道が黒字経営の続く理由

IGRいわて銀河鉄道は、沿線自治体の手厚い支援で黒字経営が続いています。具体的な支援内容や自治体の取り組みについて紹介します。
三セク

【三陸鉄道】JR山田線の移管は成功だったのか?

三陸鉄道がJR東日本の山田線の一部線区を継承した理由や移管後の利用状況について、沿線自治体の支援や利用促進の内容から紹介します。
三セク

【青い森鉄道】青い森鉄道が並行在来線初の上下分離にした理由

青い森鉄道は並行在来線で初の上下分離を採用するなど、自治体の手厚い支援も注目を集めています。鉄道存続に向けた自治体の取り組みをまとめました。
私鉄

【津軽鉄道】自治体だけでなく沿線住民も支援!意識醸成が鉄道存続のカギ

利用客が激減する津軽鉄道の存続をめざし、沿線自治体の取り組みや沿線住民の活動をまとめて紹介します。
私鉄

【弘南鉄道】大鰐線の存廃をかけた自治体の取り組み

廃止が示唆される弘南鉄道の大鰐線に対して、沿線自治体は協議会を設置しますが存続できるのでしょうか。自治体の取り組みを中心に検証します。
JR

【JR北海道】決着は個別協議で-札沼線(北海道医療大学~新十津川)廃止の経緯

JR札沼線の北海道医療大学~新十津川間は、どのような経緯で廃止が決まったのでしょうか。沿線自治体の協議会の動きを中心にお伝えします。
JR

【JR北海道】函館本線(函館~長万部)は貨物専用線として存続できるか?

JR函館本線(函館~長万部)の沿線自治体は、一部区間において旅客列車の廃止を認めています。貨物専用線区として生き残れるか、沿線自治体の協議会から振り返って検証します。
スポンサーリンク