【私鉄】赤字ローカル線の存続・廃止をめぐる協議会リスト

赤字ローカル線の存続・廃止を検討する、鉄道事業者と沿線自治体の協議会の一覧です。

スポンサーリンク
私鉄

【富山地方鉄道】瀕死だった私鉄が鉄道王国の立役者になった理由

かつて利用者減少が続いていた富山地方鉄道。復活した背景には、沿線自治体の多大な支援があります。官民一体の取り組みをまとめました。
私鉄

【大井川鉄道】全線復旧できるか?SLがもたらす経済効果が存廃のカギ

大井川鉄道は2022年の台風による被害で一部区間が不通のままです。全線復旧はできるのでしょうか?県の検討会の流れをまとめました。
私鉄

【島原鉄道】鉄道の廃止は防げるか?毎年3億円の支援で「あり方」協議へ

島原鉄道の沿線自治体は、2022年より鉄道の存続・廃止の議論を進めています。今後も公的支援を受けながら鉄道は存続できるのか検証します。
私鉄

【とさでん交通】黒字だった路面電車が廃止検討される理由

とさでん交通の路面電車について、高知市は廃止を含めた検討を進めています。黒字だった路面電車に何が起きているのか解説します。
私鉄

【一畑電車】赤字鉄道を支える「みなし上下分離方式」とは?

一畑電車は、インフラ所有権を移転しない上下分離方式で沿線自治体に支えられています。そのしくみや赤字額を減らす取り組みを紹介します。
私鉄

【神戸電鉄】粟生線の廃止は防げるか?沿線自治体が上下分離に否定的な理由

廃止の噂が絶えない神戸電鉄の粟生線。沿線自治体は長年支援を続けますが、上下分離方式への移行には否定的です。その理由を解説します。
私鉄

【近江鉄道】廃止の可能性もあった?鉄道の価値を再認識した協議会の経緯

廃止も検討された近江鉄道を存続させたのは、沿線自治体が赤字ローカル線の「価値」を明確に示せたからです。その価値を示す方法を解説します。
私鉄

【伊賀鉄道】公有民営方式でも苦境…鉄道は存続できるか?

伊賀鉄道は公有民営方式で運営する鉄道事業者です。利用者数の減少に歯止めがかからない原因や、沿線自治体の利用促進策をまとめました。
私鉄

【四日市あすなろう鉄道】内部・八王子線の事例から見る鉄道事業者との協議のポイント

四日市あすなろう鉄道の内部・八王子線はなぜ廃止を避けられたのか。鉄道事業者との協議に重要な「赤字路線を残すポイント」を解説します。
私鉄

【三岐鉄道】北勢線が廃止にならない理由―沿線住民にできることは?

三岐鉄道北勢線は、近鉄だった時代に廃止宣告された路線です。廃止を避けた、自治体や沿線住民の取り組みについて紹介します。
スポンサーリンク