【私鉄】赤字ローカル線の存続・廃止をめぐる協議会リスト

私鉄の赤字ローカル線の存続・廃止を検討する、鉄道事業者と沿線自治体の協議会の一覧です。

私鉄

【上信電鉄】鉄道は再生できるか?自治体支援の増加で法定協議会に移行

みなし上下分離で沿線自治体から支援を受けている上信電鉄。ただ、補助金の増加が課題となり法定協議会で支援内容の見直しが進んでいます。
廃止路線

【長野電鉄】屋代線が存続できなかった理由―廃止ありきの協議会

2012年に廃止された長野電鉄屋代線は、本当に存続できなかったのでしょうか。「廃止ありき」と揶揄された協議会の流れを検証します。
私鉄

【関東鉄道】TXに奪われた客を戻せ!常総線&竜ヶ崎線の取り組み

関東鉄道の常総線と竜ヶ崎線は、つくばエクスプレス開業などの要因で利用者が減少しています。沿線自治体と進める利用促進策を紹介します。
私鉄

【高松琴平電気鉄道】ことでんはなぜ再生できたのか?信頼回復の20年を振り返る

サービスの悪さが利用者減少の一因とされた「ことでん」。信頼回復をめざし沿線自治体と取り組んできたサービス改善の20年をまとめました。
私鉄

【和歌山電鉄】貴志川線の廃止決断を覆した住民団体の行動とは

南海貴志川線が和歌山電鉄として再生した背景には、住民団体の熱意ある活動があります。鉄道を残すために沿線住民にできることを紹介します。
私鉄

【富山地方鉄道】瀕死だった私鉄が鉄道王国の立役者になった理由

かつて利用者減少が続いていた富山地方鉄道。復活した背景には、沿線自治体の多大な支援があります。官民一体の取り組みをまとめました。
私鉄

【大井川鉄道】全線復旧できるか?SLがもたらす経済効果が存廃のカギ

大井川鉄道は2022年の台風による被害で一部区間が不通のままです。全線復旧はできるのでしょうか?県の検討会の流れをまとめました。
私鉄

【島原鉄道】鉄道の廃止は防げるか?毎年3億円の支援で「あり方」協議へ

島原鉄道の沿線自治体は、2022年より鉄道の存続・廃止の議論を進めています。今後も公的支援を受けながら鉄道は存続できるのか検証します。
私鉄

【とさでん交通】黒字だった路面電車が廃止検討される理由

とさでん交通の路面電車について、高知市は廃止を含めた検討を進めています。黒字だった路面電車に何が起きているのか解説します。
私鉄

【一畑電車】赤字鉄道を支える「みなし上下分離方式」とは?

一畑電車は、インフラ所有権を移転しない上下分離方式で沿線自治体に支えられています。そのしくみや赤字額を減らす取り組みを紹介します。