2023-05

JR

【JR西日本】芸備線の廃止を防ぐには?利用促進だけでどうにもならない実態

芸備線の存続・廃止をめぐる協議が沿線自治体とJR西日本の間で進んでいます。芸備線の存続は現実的なのか、これまでの流れを振り返ります。
三セク

【井原鉄道】赤字覚悟で開業した路線が廃止されない理由とは

井原鉄道は開業前から赤字が見込まれていました。事業者の負担を抑えるため、沿線自治体の支援内容や利用促進の取り組みなどを紹介します。
私鉄

【一畑電車】赤字鉄道を支える「みなし上下分離方式」とは?

一畑電車は、インフラ所有権を移転しない上下分離方式で沿線自治体に支えられています。そのしくみや赤字額を減らす取り組みを紹介します。
JR

【JR西日本】木次線は廃止を避けられるか?再構築協議会の対象区間を予想

利用者が少ないJR木次線は、廃止の噂が絶えないローカル線です。沿線自治体が取り組む利用促進策の効果から、木次線の将来を考えます。
三セク

【若桜鉄道】鉄道が地域の足なら「地域が鉄道を支えること」も大切

若桜鉄道は、沿線住民と自治体による手厚い支援を受けて、支えられているローカル線です。赤字路線の若桜鉄道が存続できる理由を解説します。
JR

【JR西日本】兵庫のJR6線区は前途多難の協議に…廃止を防げるか?

兵庫県では、山陰本線や加古川線などJR路線の利用促進協議会を設置しています。ただ、JR西日本は協議内容に疑問視。6線区の今後を考察します。
コラム

BRTで赤字ローカル線問題は解決しない?自治体がBRTに頼る理由

BRTを赤字ローカル線の代替交通として検討した結果、断念する自治体が多いようです。BRTのメリットデメリットを自治体視点で解説します。
三セク

【北条鉄道】過疎地域でも利用者が減らない赤字路線の秘密

北条鉄道は行政や住民などの利用促進策が成功している赤字ローカル線です。これまでの取り組みから利用者数を減らさないポイントを紹介します。