【九州】赤字ローカル線の存続・廃止をめぐる協議会リスト

スポンサーリンク
JR

【JR九州】長崎本線の並行在来線はなぜ上下分離になったのか?

長崎本線の江北~諫早間は、並行在来線として経営分離されず上下分離方式に移行します。なぜ上下分離になったのか、その経緯を解説します。
三セク

【松浦鉄道】利用促進+公的支援で支える沿線自治体の取り組み

松浦鉄道では長年続いていた利用者減少に歯止めをかけました。どのような施策を実施したのか、沿線自治体の取り組みを紹介します。
JR

【JR九州】日田彦山線の沿線自治体はなぜBRTを容認したのか?

災害で長期不通となった日田彦山線。沿線自治体は最終的にBRTでの復旧を選びます。なぜBRTを容認したのか、JR九州との協議を振り返ります。
三セク

【甘木鉄道】輸送密度2,000人でも黒字経営の理由

甘木鉄道は新駅設置や増便で利用者を増やし、黒字経営を続ける第三セクターです。これまでの取り組みを、沿線団体の活動も含めて解説します。
三セク

【平成筑豊鉄道】鉄道を再生させた沿線自治体の取り組み

平成筑豊鉄道は、2004年の貨物輸送廃止で経営難に陥ります。そのピンチを救った沿線自治体の取り組みを紹介します。
スポンサーリンク