【甘木鉄道】輸送密度2,000人でも黒字経営の理由

甘木鉄道の駅舎 三セク

甘木鉄道は、福岡県の甘木と佐賀県の基山を結ぶ、全長13.7kmの第三セクター鉄道です。国鉄甘木線を継承した路線ですが、輸送密度は国鉄末期の653人/日(1977~79年の平均)から、2,026人/日(2019年)に増加。第三セクターの「勝ち組」といわれる鉄道事業者です。

福岡市の郊外にあるローカル線が、なぜこれだけ利用者を増やせたのでしょうか。甘木鉄道の歴史を振り返りながら検証します。

甘木鉄道の線区データ

協議対象の区間甘木線 甘木~基山(13.7km)
輸送密度(1987年→2019年)1,502→2,026
増減率35%
黒字額(2019年)127万円
※輸送密度および増減率は1987年と、コロナ禍前の2019年を比較しています。
※黒字額は、コロナ禍前の2019年のデータを使用しています。

協議会参加団体

朝倉市、小郡市、筑前町、大刀洗町、基山町

甘木鉄道と沿線自治体

甘木鉄道の利用者が増えた理由

国鉄末期、甘木線は第一次特定地方交通線に指定されます。沿線自治体は、第三セクターとして存続の道を探るため福岡県に相談。ただ、県は鉄道の存続に難色を示していました。甘木線と並走するバス路線がすでにあるうえ、甘木には西鉄の鉄道路線もあったからです。バスで運べるほどの利用者しかいない国鉄の路線を残す意味がないと、福岡県は第三セクターの出資を断ります。

それでも、沿線自治体や住民は鉄道の存続を要望。周辺自治体が主な出資者となり、1986年4月に甘木鉄道は開業します。なお、開業と合わせて沿線自治体が構成する「甘木線推進協議会」も設立されました。

鉄道が残ったとはいえ、利用者の少ないローカル線ですから厳しい船出が予測されます。そこで沿線自治体は、新駅の設置など利便性を高める施策に取り組みます。

1986年の開業時には、西鉄天神大牟田線と交差する地点に小郡駅を移設。翌1987年には、立野駅、大板井駅、山隈駅を新設します。立野駅は九州自動車道の高架下に設置。高架を屋根代わりにすることで建設費を抑えるという、第三セクターならではのアイデアで経費削減を図りました。このほか、2002年には今隈駅を開業。わずか14kmの路線に4駅を新設し、利用促進に努めます。

さらに、増便も実施。2003年には、朝夕の通学通勤時間帯は15分間隔で運行し、JR線や西鉄天神大牟田線との乗継改善を図りました。国鉄末期には7往復しかなかった甘木線は、2022年現在で42往復にまで増えたのです。

こうした利用促進策が功を奏し、甘木鉄道の利用者数は年々増加。沿線人口が減少に転じていた近年でも、年間130~140万人の利用者数をキープしています。経営状態も、赤字の年もありますが、2019年は127万円の黒字を計上しています。

甘木鉄道のこれまでの取り組み

新駅設置や増便のほかにも、甘木鉄道ではさまざまな利用促進策を実施しています。それを担うのが、「甘木鉄道を育てる会」という団体です。沿線の商工会や青年会、区長、さらに沿線住民などが組織する団体で、以下のような利用促進活動を実施しています。

  • イベント列車の運行支援(七夕列車、クリスマス列車、婚活列車など)
  • イベントの実施(JRウォーキング、体験学習、音楽祭など)
  • 清掃美化活動
  • 沿線情報の冊子や会報誌の発行
  • 甘鉄グッズ・記念乗車券の販売
  • 広報PR支援

…など

甘木鉄道では、ほぼ毎月のように地域イベントやイベント列車の運行をしていることも、特徴のひとつです。

2019年度を例に挙げると、7月は七夕列車、8月は列車運転体験イベント、10月は音楽祭やコスモス列車の運行、JR九州と連携したウォーキングイベント、11月はお見合いイベントとして婚活列車の運行、12月はクリスマス列車、2月には卒業列車、3月にはスイーツ列車…と、さまざまな催しをおこなっています。甘木鉄道を育てる会は、各イベントで列車や駅の装飾などの準備に協力しており、沿線の活性化に貢献しています。

このほかにも、福岡や久留米などのイベントに参加して甘木鉄道をPRしたり、ホームページによる広報活動を実施したりと、さまざまな取り組みでサポートしています。

利用促進や徹底したコストダウン、そしてサポート団体による協力により、甘木鉄道は輸送密度が2,000人/日でも黒字経営を達成できているのです。

※沿線自治体と協議を進めている路線は、ほかにも複数あります。各路線の協議の進捗状況は、以下のページよりご覧いただけます。

【九州】赤字ローカル線の存続・廃止をめぐる協議会リスト
九州地方の赤字ローカル線の存続・廃止を検討する、鉄道事業者と沿線自治体の協議会の一覧です。

参考URL

鉄道統計年報
https://www.mlit.go.jp/tetudo/tetudo_tk2_000053.html

地域に密着した鉄道づくりを目指して(鉄道総研)
https://bunken.rtri.or.jp/doc/fileDown.jsp?RairacID=0004004558

岐路に立つローカル線「三セクの優等生」甘木鉄道 福岡都市圏結ぶ路線と接続(佐賀新聞 2023/1/1)
https://www.saga-s.co.jp/articles/-/969789

甘木鉄道を育てる会
https://www.noritai-amatetu.com/sodaterukai/

タイトルとURLをコピーしました