【三セク】赤字ローカル線の存続・廃止をめぐる協議会リスト

スポンサーリンク
三セク

【明知鉄道】赤字ローカル線の定期外利用者を増やす方法

明知鉄道は通学定期客が7割以上を占めるローカル線です。少子化が進むなか、定期外利用者を獲得するための取り組みをまとめました。
三セク

【天竜浜名湖鉄道】鉄道の存続に向けた沿線自治体・住民の取り組み

利用者減少が続く天竜浜名湖鉄道(天浜線)の存続をめざす、沿線自治体の取り組みや沿線住民によるサポーターズクラブの活動を紹介します。
三セク

【えちぜん鉄道】赤字ローカル線を「社会資本」と認めた沿線自治体の努力

廃止宣告された赤字ローカル線・えちぜん鉄道は、なぜ復活できたのか。沿線自治体の取り組みを交えながら、えちぜん鉄道の現状を紹介します。
三セク

【万葉線】廃止表明から一転!万葉線を救った自治体と市民の力

廃止も検討された万葉線。それを防いだのは沿線自治体と市民団体でした。協議会の取り組みを中心に復活を遂げた理由を解説します。
三セク

【北越急行】内部留保で「ほくほく線」は維持できるか?

北越急行ほくほく線は、北陸新幹線の金沢延伸にともない経営環境が激変しました。内部留保による赤字補てんだけで生き残れるのか?沿線自治体の取り組みを紹介します。
三セク

【えちごトキめき鉄道】運賃据え置きで利用促進はできるのか?

えちごトキめき鉄道では、利用者離れを抑えるためJR時代の運賃を据え置いて開業しました。その効果は?沿線自治体の取り組みも紹介します。
三セク

【いすみ鉄道】廃止も検討された鉄道が復活できた理由

いすみ鉄道は利用者の減少に歯止めがかからず、廃止も検討されていました。鉄道存続に向けて、沿線自治体の取り組みを中心に紹介します。
三セク

【わたらせ渓谷鐵道】マイレール意識だけでは残せない?「わ鐵」を支える官民の取り組み

わたらせ渓谷鐵道は、国鉄末期の存続運動が廃止を防ぐ一助になりました。地域に生まれた「マイレール意識」で鉄道を残せるのか分析します。
三セク

【野岩鉄道】首都圏の観光誘客が頼み?鉄道が生き残る道とは

野岩鉄道は利用者の減少で廃止が噂される第三セクターです。鉄道の廃止を避けるために、沿線自治体の協議や取り組みについてお伝えします。
三セク

【真岡鐵道】SLを核とした観光誘客で鉄道を存続できるか?

真岡鉄道はSL運行で観光利用の取り組みに力を注いでいますが、経営は厳しい状況です。公的支援をはじめ、自治体の取り組みをまとめました。
スポンサーリンク