【三セク】赤字ローカル線の存続・廃止をめぐる協議会リスト

スポンサーリンク
三セク

【土佐くろしお鉄道】過疎地域の鉄道を守るためにできること

土佐くろしお鉄道の沿線では過疎化・高齢化が著しく進み、利用者数が減少しています。沿線自治体の利用促進の取り組みを紹介します。
三セク

【阿佐海岸鉄道】DMVは赤字でも地域経済効果は年間2億円?

阿佐海岸鉄道は2021年にDMVを導入。利用者数は導入前の2倍前後に増えています。DMVが地域にもたらす経済効果について検証します。
三セク

【錦川鉄道】鉄道の廃止を防げるか?観光促進に頼る期待と現実

錦川鉄道は観光需要の開拓で話題となった一方、利用者の減少と多額の赤字が課題となり廃止を含めた検討が進んでいます。鉄道の将来を考えます。
三セク

【井原鉄道】赤字覚悟で開業した路線が廃止されない理由とは

井原鉄道は開業前から赤字が見込まれていました。事業者の負担を抑えるため、沿線自治体の支援内容や利用促進の取り組みなどを紹介します。
三セク

【若桜鉄道】鉄道が地域の足なら「地域が鉄道を支えること」も大切

若桜鉄道は、沿線住民と自治体による手厚い支援を受けて、支えられているローカル線です。赤字路線の若桜鉄道が存続できる理由を解説します。
三セク

【北条鉄道】過疎地域でも利用者が減らない赤字路線の秘密

北条鉄道は行政や住民などの利用促進策が成功している赤字ローカル線です。これまでの取り組みから利用者数を減らさないポイントを紹介します。
三セク

【京都丹後鉄道】WILLERへの運行委託で赤字はどれだけ減ったのか?

「日本一赤字の多いローカル線」といわれた京都丹後鉄道(北近畿タンゴ鉄道)は、WILLERに運行委託後、どれだけ改善したか検証します。
三セク

【信楽高原鉄道】公有民営方式で廃止の危機を乗り越えた信楽線

信楽高原鉄道は廃止の危機に何度も直面してきました。現在も存続できている理由や、地域を巻き込んだ利用促進策について紹介します。
三セク

【樽見鉄道】三セク優等生が一転!鉄道の廃止は避けられるか?

樽見鉄道は貨物廃止後に経営が悪化。廃止の声も聞かれるなか沿線の住民や自治体が取り組んでいる、樽見鉄道の支援活動を紹介します。
三セク

【長良川鉄道】利用者減少に歯止めをかけた沿線自治体の取り組み

利用者の減少が続いていた長良川鉄道。その傾向に歯止めをかけた、沿線自治体や岐阜県の取り組みを紹介します。
スポンサーリンク