【野岩鉄道】首都圏の観光誘客が頼み?鉄道が生き残る道とは

スポンサーリンク
スポンサーリンク
野岩鉄道の湯西川温泉駅 三セク
スポンサーリンク

野岩鉄道は、栃木県の新藤原から福島県の会津高原尾瀬口を結ぶ約30kmの第三セクター鉄道です。新藤原では東武鬼怒川線と、会津高原尾瀬口では会津鉄道と連絡しており、相互乗り入れも実施。東武鬼怒川線と乗り入れるために、第三セクターとしては初となる電化線として開業しています。

また、会津鉄道とのつながりが深いことから、沿線自治体は「会津・野岩鉄道利用促進協議会」という一体となった協議会を組織し、利用促進などの取り組みをおこなっています。具体的な取り組み内容や協議会が設置された経緯についてみていきましょう。

スポンサーリンク

野岩鉄道の線区データ

協議対象の区間会津鬼怒川線 新藤原~会津高原尾瀬口(30.7km)
輸送密度(1987年→2019年)1,930→540
増減率-72%
赤字額(2019年)2億412万円
※輸送密度および増減率は1987年と、コロナ禍前の2019年を比較しています。
※赤字額は、コロナ禍前の2019年のデータを使用しています。

協議会参加団体

日光市、栃木県ほか(野岩鉄道の沿線のみ掲載)

野岩鉄道と沿線自治体

会津・野岩鉄道利用促進協議会の設置までの経緯

野岩鉄道は、第ニ次特定地方交通線に指定された国鉄野岩線を継承し、1986年に開業します。野岩線は非電化単線として開業する予定でしたが、東武鬼怒川線との直通運転するため野岩鉄道が電化工事を実施。開業時から浅草方面に向かう電車が走っています。

ただ、赤字経営が予測されることから沿線自治体では開業から間もなくして「野岩鉄道対策協議会」を設置。各駅で除雪や清掃といったボランティア活動で、野岩鉄道を支えていくことになります。

しかし、沿線には住民も少なく過疎化・少子化による利用者減少が続いており、1991年には117万人もいた利用客も、2009年以降は50万人を割り込んでいます。経営的にも、慢性的に赤字が続きます。この状況を打開するには、東武鉄道や会津鉄道と連携しながら観光利用を増加させるしかありません。

時同じく、会津鉄道では2009年に地域公共交通活性化再生法にもとづく「会津線活性化連携協議会」を設置し、利用促進や設備更新などをおこなっていました。観光利用の促進を検討するうえで会津鉄道との強固な連携が必要として、沿線自治体は2012年に「会津・野岩鉄道利用促進協議会」を設置することになります。

※会津鉄道の協議会の取り組みは、以下のページで案内します。

野岩鉄道のこれまでの取り組み

利用促進や売上増加をめざした野岩鉄道の取り組みの一部を紹介します。

  • 東武線への乗り入れ
  • 企画乗車券の販売(遊・湯・さんぽきっぷ、運転免許卒業割引きっぷなど)
  • 運賃の一部を助成・路線愛称の設定(ほっとスパ・ライン)
  • イベント列車の運行(お座トロ展望列車など)

…など

野岩鉄道では、首都圏からの観光利用を意識したフリーきっぷをはじめ、企画乗車券を多く取り揃えています。

沿線住民の利用促進を目的とした企画乗車券としては、「運転免許卒業割引きっぷ」や団体割引きっぷなどもあります。運転免許卒業割引きっぷは、免許返納をされた高齢者を対象としており、通常の運賃の半額で利用できるというものです。また、団体割引は8名様以上のグループで利用する場合に、運賃を最大3割引にするというもの。東武線や会津線とまたがって乗車する場合でも使えます。

とはいえ、売上を考えると観光利用を増やすことが重要です。野岩鉄道の周辺には、鬼怒川や川治、塩原といった多くの温泉地があることから、2006年より「ほっとスパ・ライン」という路線愛称を設定。首都圏を中心にPR活動をおこなっています。

ただ、温泉地は駅から離れておりバスなどの二次交通も需要がそれほど多くありません。また、観光列車を走らせるにも国鉄末期の高規格路線であることから、路線のおよそ半分がトンネルです。会津鉄道の「お座トロ展望列車」を運行したことがあるものの、車窓を楽しめる路線ではないため、需要に結びつかないという難題があります。

沿線住民の利用促進を図りつつも、巨大市場である首都圏の観光客をどのように誘客するかが、今後も課題といえます。

参考URL

鉄道統計年報
https://www.mlit.go.jp/tetudo/tetudo_tk2_000053.html

特定地方交通線における経営形態の転換と現状(交通観光研究室)
http://www.osaka-sandai.ac.jp/file/rs/research/archive/12/12-15.pdf