【えちごトキめき鉄道】運賃据え置きで利用促進はできるのか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
えちごトキめき鉄道の直江津駅 三セク
スポンサーリンク

えちごトキめき鉄道は、北陸新幹線の金沢延伸にともない、2015年3月に誕生した第三セクターの鉄道事業者です。2つの路線を抱え、「妙高はねうまライン」はJR信越本線(妙高高原~直江津)を、「日本海ひすいライン」はJR北陸本線(市振~直江津)を継承しています。

ただ、少子化・過疎化による利用者数の減少や過大設備を所有することから、巨額の赤字を抱えており、存続の危機に直面しています。えちごトキめき鉄道を守るために、沿線自治体が取り組んでいる内容をまとめて紹介しましょう。

スポンサーリンク

えちごトキめき鉄道の線区データ

協議対象の区間妙高はねうまライン 直江津~妙高高原(37.7km)
日本海ひすいライン 直江津~市振(59.3km)
輸送密度(1987年→2019年)直江津~妙高高原 2,642→2,501
直江津~市振 1,026→968
増減率直江津~妙高高原 -5%
直江津~市振 -6%
赤字額(2019年)5億1,667万円
※輸送密度および増減率は、えちごトキめき鉄道鉄道が発足した2015年と、コロナ禍前の2019年を比較しています。
※赤字額は、コロナ禍前の2019年のデータを使用しています。

協議会参加団体

上越市、妙高市、糸魚川市、新潟県、えちごトキめき鉄道株式会社

えちごトキめき鉄道と沿線自治体

えちごトキめき鉄道活性化協議会の設置までの経緯

えちごトキめき鉄道は、JR東日本と西日本の2社から並行在来線を継承する、整備新幹線制度では初のケースとして生まれました。

1998年1月、新潟県は信越本線の長野~脇野田(現:上越妙高)間について、JR東日本からの経営分離に同意します。また、2001年4月には北陸本線の富山~直江津について、JR西日本からの経営分離に同意しました。

その後、2003年には並行在来線として存続させるために、「新潟県並行在来線対策協議会」を設置。生活交通や地域振興などの視点から議論されますが、沿線人口が少ないことや貨物走行区間が長く設備の維持管理にコストがかかることなど、赤字要因の課題も浮き彫りになります。

当時の資料によると、信越本線(長野~脇野田)の輸送密度は3,848人/日、北陸本線(直江津~富山県境)は1,547人/日(2001年現在の普通列車のみ)。JR貨物からの線路使用料が得られるとはいえ、利用者の減少で厳しい経営状況が予測されました。なお、2003年に試算された報告では、開業から30年間で約527億円の公共負担が必要とされています。

えちごトキめき鉄道の利用予測
参考:新潟県「並行在来線経営計画概要」をもとに筆者作成

こうした事情から協議会では、沿線住民のマイレール意識を高め主体的に参画していけるような鉄道会社をめざし、存続の道を探り始めます。

なお、この協議会は開業後に「えちごトキめき鉄道活性化協議会」へと継承され、マイレール意識の啓蒙をはじめ、さまざまな取り組みを担うことになります。

運賃を据え置き利用者離れを抑止

利用促進の検討においては、利便性を高めるために「新駅の設置」を検討するほか、「JR時代の運賃を据え置く」という方針も打ち出します。

第三セクターは、JR時代よりも運賃が高く設定されるのが通例です。これは、儲かる路線で赤字路線を支える「内部補助」というしくみが成立しないから。実際に、新潟県がまとめた経営基本計画では、「JRの1.3倍程度まで運賃をアップしないと経営できない」という見通しが示されています。

ただ、急激な値上げは利用者離れを引き起こす要因になります。そこで、えちごトキめき鉄道では「開業から5年間は、JRと同水準の運賃に据え置く」という時限措置を設けます。この措置で増額する赤字分は、県や沿線自治体の補助金で穴埋めすることになりました。この施策も功を奏して、開業から4年間の減少率は5%前後と、予想よりも低く抑えられたのです。

しかし、鉄道施設の維持や補修、設備更新などが想定外に膨らみ、赤字額は当初予定していた年間5.2億から、実際には8.4億にまで増加します。このため、開業6年目に入る2020年からは約30%の値上げに踏み切ることになりました。

えちごトキめき鉄道のこれまでの取り組み

新駅設置や、5年間の運賃据え置きのほかにも、えちごトキめき鉄道では、さまざまな利用促進に取り組んでいます。一例を紹介しましょう。

  • 観光列車や企画列車の運行(「雪見花」「妙高温泉列車」など)
  • 学校行事での利用促進(しおり作成費や参加者の運賃を補助)
  • 団体利用客への助成
  • 観光ガイドマップや沿線見所マップの制作
  • 駅前イベント開催(フリーマーケット、特産品の販売会など)
  • 駅の清掃や植栽の美化活動

…など

注目すべきポイントのひとつが、観光列車の運行です。沿線にリゾート地が多いことから、新潟県は当初から観光列車の運行を計画していました。しかも、その列車は中古車両の改造ではなく、新車として製造します。それが、2016年から運行を始めたレストラン列車「えちごトキめきリゾート雪見花」です。

この列車は2両編成で、「新潟県にしかできない観光列車の決定版」として新造。車内の調度品一つひとつに、新潟県が世界に誇る技術を採用しています。サービス面でも、地元の割烹やレストランの有名シェフが手掛ける料理を提供するなど、地域をあげて「おもてなし」をしています。なお、雪見花はグッドデザイン賞やローレル賞をはじめ、いくつもの賞を受けています。

このほか、マイレール意識を醸成するために、自治体ではさまざまな事業を展開。協力者への補助金などの予算も用意しています。たとえば、遠足や社会見学などの学校行事で利用する場合は、しおりの作成費や参加者の運賃を補助。雪月花のホームでの見送りに協力する方には、駅の装飾費や乗客に配付する地産品の購入費を補助。また、清掃・美化活動をされる方にはゴミ袋代やプランター代なども補助しています。

地域の方に、どれだけ協力してもらえるか。それが、えちごトキめき鉄道の存続につながっているのです。

参考URL

鉄道統計年報
https://www.mlit.go.jp/tetudo/tetudo_tk2_000053.html

新駅整備可能性等調査の概要(えちごトキめき鉄道)
https://www.echigo-tokimeki.co.jp/userfiles/elfinder/information/141202.pdf

新潟県の並行在来線のあり方に関する報告書(新潟県)
https://www.pref.niigata.lg.jp/uploaded/attachment/64766.pdf

並行在来線経営計画(新潟県)
https://www.pref.niigata.lg.jp/uploaded/attachment/65108.pdf

えちごトキめき鉄道利用促進団体助成事業のご案内(上越市)
https://www.city.joetsu.niigata.jp/soshiki/kotsu/riyousokusindantai.html

日本海ひすいライン等利用促進協議会(糸魚川市)
https://www.city.itoigawa.lg.jp/3687.htm

地方鉄道の誘客促進に関する調査
https://www.mlit.go.jp/common/001293543.pdf