【弘南鉄道】大鰐線の存廃をかけた自治体の取り組み

弘南鉄道の駅と車輛 私鉄

弘南鉄道は、青森県の弘前と黒石をつなぐ「弘南線」と、大鰐から中央弘前までを結ぶ「大鰐線」の二路線からなる鉄道事業者です。このうち大鰐線は、1952年の開業以来赤字が続いており、近年は利用者の減少に歯止めがかからない状況でした。

沿線自治体は「弘南鉄道活性化支援協議会」を設置。大鰐線の廃止が示唆されるなか、存続をめざした取り組みを続けています。

弘南鉄道の線区データ

協議対象の区間弘南線 弘前~黒石(16.8km)
大鰐線 大鰐~中央弘前(13.9km)
輸送密度(1987年→2019年)弘南線:4,639→2,297
大鰐線:2,917→498
増減率弘南線:-51%
大鰐線:-83%
赤字額(2019年)6,590万円
※輸送密度および増減率は1987年と、コロナ禍前の2019年を比較しています。
※赤字額と営業係数は、コロナ禍前の2019年のデータを使用しています。

協議会参加団体

弘前市、黒石市、平川市、大鰐町、田舎館村

弘南鉄道と沿線自治体

弘南鉄道活性化支援協議会の設置までの経緯

沿線自治体が協議会を設置するきっかけになったのが、2013年におこなわれた弘南鉄道の株主総会でした。この場で弘南鉄道は、「大鰐線は2017年を目途に廃止にする」と発言したのです。

この発言を受けて沿線自治体は、国の地域公共交通確保維持改善事業と地域公共交通活性化再生法にもとづき、2013年8月に「弘南鉄道大鰐線存続戦略協議会」を設置。自治体が支援することで、大鰐線の廃止を撤回させます。

協議会の設置後、大鰐線は企画きっぷの販売など戦略的なモビリティマネジメントの展開が功を奏し、2016年度には輸送密度が微増となります。しかし、翌年度以降は減少に転じ、2019年の輸送密度は500人/日を割り込みました。

一方の弘南線も、輸送密度は2,000人/日を超えているものの、沿線人口の減少などにより減少の一途をたどっています。そこで、両線区の存続をめざして2021年に「弘南鉄道活性化支援協議会」が設置されました。

なお、同年には津軽鉄道の沿線自治体と一緒に「青森県民営鉄道利用促進協議会」も立ち上げています。

※津軽鉄道の協議会は、以下のページでお伝えします。

沿線自治体の支援内容とコミットしたこと

沿線自治体は、2021年1月に「弘南鉄道弘南線・大鰐線維持活性化支援計画」を策定しています。

このなかで、維持活性化の基本的な考え方として、鉄道事業者と自治体が連携して持続可能な利用促進をおこなうことはもちろん、老朽化した施設の修繕・更新といった必要な経費は、事業計画に沿って公的支援を負担することも明言しています。公的支援の額は、2021年度からの10年間で約9億5,000万円です。

なお、支援する代わりに弘南線と大鰐線のそれぞれに以下の条件を示しています。

○弘南線への支援
弘南線は、令和3年度から令和12年度までの10カ年の支援計画(前期5年、後期5年)を作成し支援する。前期支援計画の5年目に、弘南線を取り巻く環境等を考慮した上で、経営改善や修繕等の進捗状況とその後の見込みを評価し、令和8年度からの後期支援計画に生かして支援する。

○大鰐線への支援
大鰐線は、令和3年度から令和12年度までの10年間を維持することを目指して、令和3年度から令和7年度までの運行に係る5カ年の支援計画により支援するが、令和5年度末の大鰐線の経営改善や修繕等の進捗状況とその後の見込みを評価した上で、令和8年度以降のあり方を事業者と協議する。

出典:弘南鉄道弘南線・大鰐線維持活性化支援計画

このように、大鰐線に関しては2026年度以降の支援について明言しておらず、利用状況によっては2025年度で支援の打ち切る可能性があります。

弘南鉄道では、大鰐線の経営目標として2019年度比で約2,000万円の増収をめざしており、これが2024年度にクリアできなければ廃止を視野に入れた協議が始まることになるのです。

弘南鉄道のこれまでの取り組み

弘南鉄道の利用促進策としては、以下のような取り組みを実施しています。

  • 企画乗車券の販売(大黒様きっぷ、さっパス、弘南鉄道×津軽鉄道応援きっぷなど)
  • 高齢者向けフリーパスの販売(シルバーパス、ゴールドパス)
  • イベント列車の運行(お化け屋敷列車、納涼ビール列車など)
  • パークアンドライド・サイクルトレインの運行
  • 定期利用者の割引販売
  • オリジナルグッズ販売

…など

弘南鉄道では、企画きっぷ、フリーきっぷによる利用促進策に注力しているようです。

1日フリーきっぷ「大黒様きっぷ」をはじめ、往復乗車券に地元商店などでのお買物券がセットになった「さっパス」、沿線の医療機関や温水プールなどの施設を利用すると帰りの運賃が100円になる「わにパス」といった、ユニークなアイデアで定期外客の獲得をめざしています。

また、2022年度からは高齢者をターゲットにしたフリーパス券も販売。65歳以上の方なら、5,000円で1カ月乗り放題の「シルバーパス」と、15,000円で3カ月乗り放題の「ゴールドパス」を用意しています。

定期客についても、初めて定期購入する社会人や学生を対象にした割引販売を実施し、両線で270人の定期客を獲得しています。

ただ、定期客の獲得は路線維持につながりやすいものの、沿線人口は年々減少しています。全体のパイが小さくなるなかで、いかに定期利用者を獲得していくかが今後の存廃を左右するといえそうです。

大鰐線の存廃を決める協議会が間もなく始まる

弘前市の桜田市長は、2026年度以降の支援が決まっていない大鰐線の「あり方」について、弘南鉄道と協議を始める方針を明らかにしました。協議は2024年5月から始まる予定です。

陸奥新報など地元メディアの報道によると、維持活性化支援計画で示した「約2,000万円の増収」について、弘南鉄道は観光誘客プロモーションの強化や、所有する土地の売却、株主優待乗車券の廃止などにより、2,000万円の増収をめざすと伝えています。

ただ、増収を達成できたとしても、大鰐線の利用者数は減少の一途をたどり続け、近年の輸送密度は500人/日を割り込んでいます。また、弘前市は2023年度に約3,700万円を支援するなど、弘南鉄道への補助金は増え続ける一方です。

そこで弘前市は、2024年6月以降に市民の声を集めるワークショップを開催するとともに、クロスセクター効果の分析を実施するなど、大鰐線の「あり方」を総合的に判断する考えを示しています。早ければ、2024年内に大鰐線に対する支援の有無、すなわち大鰐線の存廃について決めるとしており、今後の協議の行方に注目が集まりそうです。

※沿線自治体と協議を進めている路線は、ほかにも複数あります。各路線の協議の進捗状況は、以下のページよりご覧いただけます。

【東北】赤字ローカル線の存続・廃止をめぐる協議会リスト
東北地方の赤字ローカル線の存続・廃止を検討する、鉄道事業者と沿線自治体の協議会の一覧です。

参考URL

鉄道統計年報
https://www.mlit.go.jp/tetudo/tetudo_tk2_000053.html

弘南鉄道弘南線・大鰐線の維持活性化(弘前市)
http://www.city.hirosaki.aomori.jp/kurashi/kotsu/2021-0207-1208-450.html

広報ひろさき_2021/11
http://www.city.hirosaki.aomori.jp/kurashi/kotsu/1101koho_tokusyu.pdf

弘南鉄道大鰐線存続戦略協議会設置要綱(弘前市)
http://www.city.hirosaki.aomori.jp/jouhou/keikaku/kokyokotu/owani-yoko.pdf

「弘南鉄道大鰐線存続戦略協議会」が平成28年地域公共交通優良団体大臣表彰を受賞します
https://wwwtb.mlit.go.jp/tohoku/puresu/puresu/ks160722.pdf

弘南鉄道弘南線・大鰐線維持活性化支援計画
http://www.town.owani.lg.jp/index.cfm/7,9649,c,html/9649/02_shienkeikaku.pdf

ひろさき市議会だより 令和6年3月発行
https://www.city.hirosaki.aomori.jp/gikai/dayori0603.pdf

タイトルとURLをコピーしました