【東北】赤字ローカル線の存続・廃止をめぐる協議会リスト

スポンサーリンク
JR

【JR東日本】只見線はなぜ復旧できたのか?沿線自治体の活動を振り返る

一部不通となっていたJR只見線が、2022年10月に全線復旧。復旧されるまでの流れを、自治体の取り組みを中心に振り返ります。
三セク

【会津鉄道】首都圏からの観光誘致で鉄道の維持存続をめざす

会津鉄道は観光需要が見込めるものの、沿線の少子化・過疎化で経営状態が悪化しています。自治体の経営支援から存続・廃止を考えます。
三セク

【阿武隈急行】BRT転換も浮上…経営再建中の「あぶQ」は存続できるのか?

阿武隈急行は赤字が長く続き、早急な経営再建計画が求められています。自治体の協議会の動きを中心に、経営再建の取り組みを紹介します。
三セク

【山形鉄道】上下分離方式+αで鉄道を支える自治体の取り組み

山形鉄道のフラワー長井線は、赤字増加にともない沿線自治体による経営再建計画を進めています。自治体の協議や取り組みをまとめました。
三セク

【秋田内陸縦貫鉄道】沿線住民の利用増加はムリ!観光誘客で赤字を圧縮できるか?

秋田内陸縦貫鉄道は、観光誘客の協力など沿線自治体の支援のもと運営しています。自治体の協議内容を中心に、存続の方法を振り返ります。
三セク

【由利高原鉄道】輸送密度300人/日未満でも鉄道が運営できるワケ

由利高原鉄道は輸送密度300人/日未満の閑散とした赤字ローカル線です。由利本荘市が取り組む支援や取り組みについて紹介します。
JR

【JR東日本】北上線の”広告戦略”は効果が期待できない

JR北上線は、沿線の少子化・過疎化、モータリゼーション化などの影響で利用者は減少傾向にあります。沿線自治体の利用促進に関する取り組みをお伝えします。
JR

【JR東日本】花輪線を存続させる方法-自治体のさらなる支援は得られるか?

JR花輪線は一部区間で利用者が大幅に激減し、存廃が議論されています。自治体の取り組みを中心に鉄道の存続・廃止を考えます。
三セク

【IGRいわて銀河鉄道】IGRいわて銀河鉄道が黒字経営の続く理由

IGRいわて銀河鉄道は、沿線自治体の手厚い支援で黒字経営が続いています。具体的な支援内容や自治体の取り組みについて紹介します。
三セク

【三陸鉄道】JR山田線の移管は成功だったのか?

三陸鉄道がJR東日本の山田線の一部線区を継承した理由や移管後の利用状況について、沿線自治体の支援や利用促進の内容から紹介します。
スポンサーリンク