輸送密度1,000人未満/日の赤字ローカル線の協議会リスト

スポンサーリンク
JR

【JR九州】指宿枕崎線の廃止を防ぐには?利用促進効果が薄い理由を解説

指宿枕崎線の指宿~枕崎間は利用者が少なく、沿線自治体は廃止の危機を抱いています。利用促進などの取り組みや、将来について考察します。
JR

【JR九州】日南線は廃止を避けられるか?沿線自治体の取り組みを解説

利用者が減少する日南線の廃止を防ぐために、沿線自治体が実施している利用促進策をまとめました。JR九州との検討会の内容も解説します。
JR

【JR九州】吉都線は廃止を防げるか?高速道路に人を奪われたローカル線

吉都線の沿線自治体はJR九州と協働した検討会を開催していますが、利用の減少は続いています。吉都線の廃止を防げるかを考えます。
JR

【JR九州】肥薩線がいつまでも復旧しない理由~顕在化する上下分離の功罪

災害で長期不通となった肥薩線。熊本県は上下分離で復旧を望みますが、JR九州などは慎重姿勢です。肥薩線はいつ復旧できるのか考察します。
三セク

【肥薩おれんじ鉄道】開業から20年で利用者が半減!鉄道は残せるか?

肥薩おれんじ鉄道は観光列車で脚光を浴びる一方で、赤字の増加と利用者数の減少に苦しんでいます。沿線自治体の支援の取り組みを紹介します。
三セク

【南阿蘇鉄道】上下分離を即決!鉄道が復旧できた理由とは

全線復旧を果たした南阿蘇鉄道。沿線自治体は上下分離方式への移行を即決します。なぜ上下分離を受け入れたのか。自治体の狙いを解説します。
三セク

【松浦鉄道】利用促進+公的支援で支える沿線自治体の取り組み

松浦鉄道では長年続いていた利用者減少に歯止めをかけました。どのような施策を実施したのか、沿線自治体の取り組みを紹介します。
JR

【JR九州】日田彦山線の沿線自治体はなぜBRTを容認したのか?

災害で長期不通となった日田彦山線。沿線自治体は最終的にBRTでの復旧を選びます。なぜBRTを容認したのか、JR九州との協議を振り返ります。
三セク

【平成筑豊鉄道】鉄道を再生させた沿線自治体の取り組み

平成筑豊鉄道は、2004年の貨物輸送廃止で経営難に陥ります。そのピンチを救った沿線自治体の取り組みを紹介します。
三セク

【土佐くろしお鉄道】過疎地域の鉄道を守るためにできること

土佐くろしお鉄道の沿線では過疎化・高齢化が著しく進み、利用者数が減少しています。沿線自治体の利用促進の取り組みを紹介します。
スポンサーリンク